南会津の渓 20120930

今シーズン最後の釣行として、南会津の源流に行ってきました
案内してくれたのは源流ルアーマン(還暦!)のSさん
彼は鹿道を利用した山越えルートを開拓し
ゴルジュ帯をエスケープしているというので
今回はそれに同行させてもらったのです。

車止めから登山道を歩くこと数分で突然藪に分け入り
山越え2時間!
しんどかったけど、なんとか私も目的の渓に降り立つことができました

型はそれほどでもないけど数は出るとのSさんの言葉通り
一投目からイワナをキャッチ
後は場所によって一時反応が途絶えることもありましたが
概ね最後までコンスタントに釣れる良い渓でした

濁りの入った水にもかかわらずイワナは居るのです

渓は最後に湿原地帯に入るという
ちょっと珍しい源流の風景
日光湯川に似てるかな

南会津の渓 20120930」への2件のフィードバック

  1. kanazawabamboo

    こんばんは。
    山越え2時間は凄いですね。
    それだけできれば北陸パラダイス釣行も夢じゃありません。
    来シーズンは一緒に歩きましょー(笑)。
    イワナが金色に見えるのは写真のせいですか?尾びれがりっぱ!

    1. RiversideRambler 投稿作成者

      山越え2時間は時間も凄いですが、最も驚いたのは複数の中継地点です。
      それは細い木にビニールテープを巻いているものなのですが
      視界が1mくらいの藪の中にでも散在していて、そのポイントを見つけては、
      次のポイントへと繋いでルートとしています、
      ルートが少しずれただけでポイントを見失うはずなのですが
      それが完璧にトレース出来ている。Sさんの記憶力恐るべし。
      温泉成分で水が茶色に濁っているためかイワナは全体的に金色がかった種が多かったです、
      小さいイワナは白っぽかったので成長するにつれて保護色になっていくようでした。
      Sさんは私の力量に合わせて山越えの速度を落としてくれたので付いて行けましたが、
      kanazawabambooさんの健脚速度だったら完全にギブアップだったと思いますw

コメントは停止中です。